1年半しか乗っていないトヨタスペイドGをガリバーで

トヨタ,スペイドG,買取,価格

平成29年の年末、1年半しか乗っていないトヨタスペイドGを売却することになりました。

 

まずは新車で購入した個人自動車販売店(古い付き合いの販売店です)に相談しましたが、95万円が精一杯とのことでした。

 

実は熊本地震と息子の大学進学が重なり、ローン残高120万円のスペイドGをやむなく売却することになった訳なので、最低でもローン残高の120万円は確保したいところでした。

 

と言うことでネットの一括査定をやってみました。

 

必要事項を入力し送信しましたが、自分としてはザックリでも査定結果が画面に表示されるのかと思っていました。

 

しかし、画面上には「査定ありがとうございました」の文字が表示され、早速ガリバーから電話が入りました。

 

おっかなびっくり電話に出ると、買い取り専門(?)の方が早速交渉に入りました。

 

まず話があったのは現在のスペイドGの販売価格の話です。

 

 

カーセンサーで検索すると、今乗っている車の販売価格が出るので、それを参考にされると良いのですが、今回はこちらで検索しますねと、おそらくお決まりの対応なのでしょうか。

 

そしてスペイドGの販売価格は100〜120万円とのことでした。

 

ここからが問題です。

 

中古車販売大手のガリバーですが、対応したのはおそらく本社です。

 

 

ガリバーの特徴として、各都道府県の販売店が現物を見て価格交渉をするのではなく、この電話で価格交渉をしましょう、という対応です。

 

価格交渉にかかる経費を少しでも浮かせる対策だそうです。

 

 

走行距離や修復状況の確認も電話対応で済まされ、当然、嘘偽りなく報告しました。

 

ちなみに走行距離は7000km弱でした。

 

かなりの上物と判断されたらしく、高額で買い取りたいと言われました。

 

 

ところが、直接現物を見に行かない経費削減のシステムではありますが、中古車を販売するにあたり、名義変更やら売れるまでの維持費やらを差し引くと、60万円くらいは経費で飛ぶという話をされました。

 

すなわち、120万円で販売されているスペイドGは、買取価格で言うとマイナス60万円の60万円が買取価格の相場と言われました。

 

と言うことは95万円で買ってくれる個人自動車販売店の方がお得ということになります。

 

しかし、ここからがガリバーの粘りです。

 

どうしても欲しい一台だと言うことをアピールされ、上司に相談する担当者さん。

 

経費を出来るだけ削減する形で買い取りたいので、売却希望金額を教えていただけますかと言われました。

 

いくらなら売ってくれますか?と聞かれたので130万円とか無理ですかねと言うと、何とか110万円でどうでしょうか?との回答でした。

 

 

この時、すでにキャッチフォンでは、他社買い取り専門店からの電話も鳴りっぱなしの状況だったので、他社の見積もりも確認したいのですが、と伝えて見ました。

 

 

しかし、強気のガリバーさん。

 

おそらく他社では110万円は出ませんよ、との回答でした。

 

 

せっかくのこの電話でのご縁ですし、何とか!この場で決めていただければ120万円でいかがでしょうか?と最後の切り札(?)を打ってきました。

 

 

この後は流れでしたね。

 

確かに他社との交渉も大事だとネットには書いてありましたが、結局他社も120万円前後であれば、ここで決めても、その後の交渉にかかる手間も省けるし、と言うことで120万円での売却を決めました。

 

その後の対応は早く、近場のガリバーからスタッフがやってきて現物のチェックと売却の手続きを済ませ、その日のうちに愛車は持って行かれました。

 

結果としてローン残高の120万円は確保できたので、個人的には満足のいく売却となりました。

 

 

後日、売却した愛車の販売価格をネットで確認しましたが、180万円超えでした。

 

経費の60万円というのは、まんざら嘘ではないようですね。

 

 


トヨタ,スペイドG,買取,価格

↑もう一度ランキングを見てみる↑